スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒じめ

そろそろ気温の関係で、寒締めほうれん草の栽培具合が微妙になります。
DSCN1914.jpg

ボカシ堆肥を使用したコフナ農法での寒締めほうれん草の糖度も
実際 現時点では10度から12度のレベル。
今がとても甘いかな?と毎日食してます(笑)

↓は糖度を調べる為に、茎と葉をつぶす手前の画像。
なんだか理科の実験です(笑)
DSCN1882.jpg


↓Brix糖度計の画像右部分へつぶしたほうれん草の汁を数滴垂らします。
DSCN1890.jpg

↓全体の画像(ちなみに撮影は2007年12月です)
DSCN1886.jpg

↓内部のBrix
これはカメラで撮影するのが無理なのに、管理人のわがままで数十枚撮った中の1枚(笑)
なかなか内部のメモリを撮影するのは難しいです。
この時点で糖度6 ちょっと見づらいですが、メモリの芯色が変化しているのが
見えますでしょうか?
DSCN1889.jpg

こんな感じで常に出荷時には調べています。
ただしハウスの中でもばらつきだってあります。中央・端部ではかなりの気温差が
生じます。
寒気にさらす時間管理も放置しているととんでもない事態に!!!(笑)

ちょっとした寒締めほうれん草の糖度関係の紹介でした(笑)

おかげさまで、非常に個人ユーザーの方々が多くて、嬉しい悲鳴に
なっております。店名は控えさせていただいておりますが、盛岡市内の
居酒屋さんでも食せますよ。マスターありがとうございます(笑)
スポンサーサイト

農薬

昨年から食に対する偽装問題、今年は食に農薬混入問題。

しかし、いつの間にか安心安全信頼という国ではなくなって

きたような気配すらします。

 農薬の問題は毎年、農林水産省より告示になっておりますが

こういった食の追跡をして農薬混入までの問題になると、

現在全国各地でがんばっている農家の皆さんは非常に困惑

していると思います。(間接的被害ということで『笑』)

 それが、生産者に対しての規制もすこぶる強化されると

どんどん農業の楽しさや、ただ規制されて機械的農業に

なった場合、どういう未来ビジョンになっていくのかも思考

が難しくなります。

 若い我々にとっては、今やっていくべき事、やれる事を

継続していかないとなりませんが、本当これでは安心して

暮らせなくなるのでは?とも考えたりもします。

(ホログ的偏見なので、苦情は勘弁してください ^^;)

 農薬取締法もかなりの効果はあると思うんです。

ただし、一生懸命がんばっている各農林水産の方々に

迷惑がかからない時代になってほしいものですね。


03
人気ブログランキング
ウェザーリポート
アクセスランキング
来てけだ方

今読んでら人
現在の閲覧者数:
携帯で見でちょんだい

ひらかさねっと

Author:ひらかさねっと
岩手八幡平市から ほうれん草農家 の情報発信です

ちょっぴり覗き見
結構見ていると使えますよ☆

人気ブログランキング
FC2ブログランキング
ブログ王ランキング
JRANKblogランキング
日本ブログ村
くつろぐランキング
ブログの殿堂
とれまがブログランキング
ホログレリンク
ブログランキング
かちっとアクセスランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近のはなす
prof
最近のトラックバック
月別アーカイブ
コメントもさげね
日本地図

メールフォーム
質問などは是非こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。